マインドフルネスでしなやかで折れない心を養い、
さらに仕事と人生のパフォーマンス・能力を劇的に高める。
能力開発
マインドフルネス倶楽部
※当協会のマインドフルネスは、スピリチュアルな要素は除いております。

ここケア・ネットでマインドフルネス呼吸法は実践されましたか?

ストレス耐性養成サイト

「ここケア・ネット」では、

ストレスがかかった出来事があったり、

記憶力や想像力に苦しめられたり、

心の疲れや辛さを感じた時などに、

サイト内にて提供されているツールや動画等を使って、

①マインドフルネス実践ワーク(3分間呼吸法)

②認知行動療法の「7つのコラム」と言われるフォーマットへの記述。

③マインドフルネス実践ワーク(3分間呼吸法)で終える。

というパッケージワークを行っていただいております。

あなたはもうすでに実践されましたでしょうか?


マインドフルネスはそれだけで、

しなやかで折れないストレス耐性作りに効果がありますが、

”正しく”そして”継続的に”行うことで、

「仕事のパフォーマンス向上」「能力開発」

という観点からも、抜群の効果を発揮します。

様々な一流企業で「会社として」導入されているマインドフルネス

マインドフルネスは、

【Google社】が採り入れたことでも話題となりました。

これを機に、マインドフルネスを知った方もいるのではないでしょうか。

 

会社設立9年目にチャディー・メン・タンというエンジニアが、

社員のストレス低減集中力の向上創造性向上

の3つを目的として、

自主プログラムを作成しました。

取り組みとしては、

オフィス内に瞑想ルームを作ったり、


一日数分の瞑想を実践したりするように推奨したのです。

その結果、

自主プログラムに参加した多くの社員が、


生産性の向上として効果が現れ、

なかには労働時間の削減をしたにも関わらず、

昇進した社員もいるようです。


それ以外にも、以下のような企業で

マインドフルネスが導入されています。



【Apple】社内に瞑想ルームも設置!創造性が高まり製品・サービス開発にも寄与



iPhoneやMacで有名なIT企業Appleも、

このマインドフルネスを採り入れており、

前CEOのスティーブ・ジョブズも

新製品を生み出す際に実践していたようです。


取り組みとして、

マインドフルネスの講習を社内で実施、

勤務時間内の30分を

マインドフルネスに当てることを許可していました。




【ヤフー株式会社】800人以上が参加!リーダー育成の手段としてマインドフルネスを活用


海外企業だけではなく、

日本に拠点を置くヤフーでも

マインドフルネスを採り入れています。


導入の目的として、

次世代のリーダーを創出、育成することを目的とし、

そのためにまず自身を客観視することが重要と考えて

マインドフルネスを実施しました。


取り組みとしては週1回のプログラムに参加(希望者)、

社内の芝生スペースでマインドフルネスの実施をしています。


マインドフルネスを採り入れたことで、

自身が置かれている状況や

心理状態を知る能力が身につき、


さらにストレスの軽減や集中力の向上にもつながったとのことです。



【メルカリ】社員の自主的な活動によりプロコーチを招いて社内でマインドフルネスを実践

フリマアプリで有名なメルカリでも

仕事の効率向上を目的として、

マインドフルネスがとり入れられています。

取り組みとしては、

毎日16時にマインドフルネスを部活として実施し、

マインドフルネスを理解するための講義や実践なども行っているようです。

マインドフルネスを採り入れた効果として、

参加者の集中力の向上、

ストレスの軽減があり、

職場環境の改善につながったそうです。




大手企業の社員も採り入れているマインドフルネスは、

気軽に自宅でもできるので、

さまざまな効果を得るためにも実践してみてはいかがでしょうか。


マインドフルネスを「正しく」そして「継続的に」行うことで期待できる効果

ではなぜこのように、

「会社としてマインドフルネスを導入する企業」

が増えているのでしょうか?

・社員に健康的に働いてもらいたい

・最近、心の病気になる社員が増えている

・職場のギスギスした雰囲気を改善したい

・メンタルヘルスが問題になっている

・社員の離職を防ぎたい
 
こうした悩みや問題が、

昨今、多くの日本企業で浮かび上がってきています。

大きな社会問題としてメディアで

頻繁に取り上げられています。


それを解決するための1つの手段として

マインドフルネスが注目されているというのもありますが、

実はそれ以上の効果も期待できるからです。

実際、マインドフルネスを継続的に実践することで、

以下のことが臨床的にも証明されています。






「正しく」「継続的に」マインドフルネスを行っていくためのコミュニティ

私(佐藤)は5年間、継続的にマインドフルネスを行ってきましたが、

「正しく」そして「継続的に」

マインドフルネスを行っていくためには、

「導き手」

が必要だと感じました。


マインドフルネスにも色々なやり方があり、

どのタイミングで何をやればいいのか、

そして、果たして今自分がやっているマインドフルネスが

ちゃんと合っているのか、

今いち、自分では判断がつかないことも多かったからです。

もし、自分がやっているマインドフルネスが

自己流になってしまい、


効果が半減したりしてしまったら、

それこそ膨大な時間をムダにしてしまいかねません。

「時は金なり」

そこで、何人かのしっかりとした先生に付いて、

それこそ何十万円もの費用を払い、

100時間以上のマインドフルネスの研修を受けて、

実践を重ねてきました。

それによって、しっかりとした効果を得て、

ストレス耐性に限らず、

上記に挙げたような様々な能力を

伸ばすことができたと実感しています。


現在は起業をしていますが、

精神的にも問題なく過ごすことができ、

自由な時間と収入も得ることができるようになれました。

これもしっかりとした「導き手」に教わり、

「正しく」そして「継続的な」マインドフルネスを

行うことができたからだと考えております。


とはいえ、色々な先生に何十万も払って、

修行のようにマインドフルネスを教わるのもまた大変な話です。

そこでもっと手軽に、気軽に、簡単に、

そして楽しく

「正しい」

マインドフルネスを実践できる場を作ろうと考えました。

それが月額制のマインドフルネスコミュニティ

「マインドフルネス倶楽部」

です。

マインドフルネス倶楽部とは?

修行のようにマインドフルネスをやるのではなく、

手軽に、気軽に、簡単に、楽しく、

そして「正しい」マインドフルネスをコミュニティメンバーで行い、

しなやかで折れないストレス耐性だけではなく、

マインドフルネスで養われることが証明されている
をみんなで高め合っていこう、

というのがコンセプトです。

コンテンツとしては以下を考えております。

週1~2回のオンライン・マインドフルネス実践会

週に1~2回のオンラインマインドフルネス実践会(夜21時から35~40分)を

オンライン(ZOOM)で開催したいと思います。

曜日を固定しようかと思いましたが、

そうすると、「その曜日は出れない」という人も出てきてしまうため、

前月の中頃までに、翌月のスケジュールを発表したいと思います。

実践会では以下の内容を行いたいと思います。

実践会のコンテンツ①「書くマインドフルネス・ジャーナリング」の実践(8~10分程度)

実践会では、まず、

書くマインドフルネス「ジャーナリング(8~10分)」

というものを行います。


「ジャーナリング」は、

ストレスや悩みごとによる

不安や焦燥感などのネガティブ感情を

「思うままに書き出す」

ことで辛い気持ちが和らぎストレスが緩和される手法で、

「書くマインドフルネス」

とも言われ、

Google社などでも正式に取り入れられている

マインドフルネスの手法です。

さらに、メンタルヘルスを高めることに加えて、

継続的に続けていくことで、

◆自分自身の感情や思考を言語化(可視化)できる

◆自分自身の感情や思考の癖などを客観視できる

◆書くことで、自分自身の長所や短所が見えてくる

◆新しいアイデアや気づきが生まれる可能性がある

◆心穏やかになり、安らぎや幸せを感じられる

◆代謝が良くなり、ダイエットにつながる

◆免疫力が上がる

◆血圧低下につながる

◆問題解決につながる可能性がある

◆自己肯定感が高まる

◆脳トレ効果がある

◆集中力が高まる

◆後で読み返すと、過去の自分を知ることができる

◆パワハラなど各種ハラスメント予防につながる

といったことなども、

研究によって効果が証明されています。

まずはこれを行いたいと思います。

実践会のコンテンツ②「マインドフルネスワークの実践(15分程度)」

ここまでお話した通り、

マインドフルネスのワークを行うと、
といったものをあなたは徐々に伸ばしていく事ができます。

これを修行のように、ではなく、

もっと手軽に、気軽に、簡単に、

そして楽しく、正しいやり方で、

みんなで手に入れていくための


マインドフルネスワークを実践したいと思います。

私がこれまでに取り組んできたワークは50以上にのぼりますが、

その中から特に効果のあったものを、

都度、厳選して行いたいと思います。

実践会のコンテンツ③「質疑応答タイム」

日々、実践していく中での

わからないことや、合っているかどうか不安なことを

自由に質問できるお時間を取りたいと思います。

また、オンラインイベントでみんなのいる中では聞きづらい、聞くのが恥ずかしい、

と言う方もいらっしゃると思いますので、

メールにてもご質問を受け付けたいと思います。

不定期イベント「交流会」

当面は東京・大阪

交流会

オンラインイベント

※イベントで知り合った仲間の間でのトラブルにおいては
当協会は一切、責任を持ちません。予めご了承ください。

※セールス・勧誘目的でのご参加は禁止させていただきます。


※懇親会の費用は各自のご負担となります。

能力開発マインドフルネス倶楽部の価格

私はマインドフルネスを様々な先生に教わり、

数十万円を使ってそのスキルを身につけてきました。

そのため、

この倶楽部の参加価格は


10万円でもその価値は十分にあるし、

しっかりと継続していただければ、

必ずそれだけの費用は回収できます。

しかし、いきなりその価格を払う、

というのも気が引けると思いますし、

修行のようにマインドフルネスをやるのではなく、

手軽に、気軽に、簡単に、

そして「正しい」マインドフルネスをコミュニティメンバーで行い、

しなやかで折れないストレス耐性だけではなく、

マインドフルネスで養われることが証明されている各能力を

みんなで楽しく高め合っていきましょう、

というこの倶楽部のコンセプトにも反してしまいます。

そこで参加費用ですが、

月額5000円

月額2980円、さらに初月はお試し参加として無料。

としたいと思います。

よくあるご質問

  • Q
    決済はどのように行うのでしょうか?
    A
    このページのお申込みボタンよりお名前とE-mailアドレスをご登録ください。

    そのアドレスに決済案内のメールをお送りしますので、ページ内の申込ボタンより決済画面に進んでいただき、Paypal(世界最高水準のセキュリティを備えています)にてクレジットカード決済を行ってください。
  • Q
    入会後、退会はいつでもできますか?また、退会するにはどうすれば良いですか?
    A
    いつでもできます。

    翌月の課金タイミング前に退会を行っていただければ、翌月の費用もかかりません。
    最初に決済を行うと、Paypalの会員として登録されますので、Paypalの会員画面より解約手続きを行ってください。簡単にできます。
  • Q
    毎月の課金タイミングはいつですか?
    A
    お申込みいただいた日を起算日として、1ヶ月毎に自動で課金がされます。
    ご解約をご希望の方は、翌月の課金が発生する前に解約手続きを行っていただければと思います。
  • Q
    実際に効果を感じられるのはいつくらいからですか?
    A
    マインドフルネスは1回やってすぐに効果を感じるものではありません。

    何らかの変化を感じるのに、早い人で2ヶ月目くらいから、実際に私が効果を感じたのは、3か月くらい目からです。

    ある程度の期間を、継続(少なくとも週2~3回くらい)していただかなければなかなか明確な効果は感じられませんが、正しい指導の下に続けていれば、必ず徐々に変化が起きてきます。

    ですので、1か月やって効果を感じなかったからといってすぐに諦めず、最低3か月くらいは諦めずにオンライン実践会にご参加いただき取り組んでいただければと思います。
  • Q
    現在、うつ病の治療を受けておりますが、効果はありますか?
    A
    うつ病等のメンタル疾患の治療を目的としたものではありません。ご了承ください。
  • Q
    入会後、退会はいつでもできますか?また、退会するにはどうすれば良いですか?
    A
    いつでもできます。

    翌月の課金タイミング前に退会を行っていただければ、翌月の費用もかかりません。
    最初に決済を行うと、Paypalの会員として登録されますので、Paypalの会員画面より解約手続きを行ってください。簡単にできます。